/マウリシオ・ポチェッティーノがスパーズの選手たちの厳し目のタックルを謝罪

マウリシオ・ポチェッティーノがスパーズの選手たちの厳し目のタックルを謝罪

マウリシオ・ポチェッティーノ監督は、プレシーズンのマンチェスター・ユナイテッドとの対戦でトッテナムの選手のいくつかのタックルについて謝罪をした。

上海での試合の間、前半に3枚のイエローカードが出されたが、ムサ・シソコがダニエル・ジェームズを踏みつけたプレーはイエローカードの対象には含まれていなかった。

この出来事でユナイテッドの選手たちが猛抗議し、両チームの間に対立を引き起こした。ポチェッティーノは厳し目のタックルについて、望ましくないと語っている。

「私はあの状況に少しいらいらしたよ」

「私は不満に思っていたね。フレンドリーマッチで、もちろん、疲れやとても暑い環境のなか、アクションのテンポがズレたり、遅れてしまうことで、こういったことの原因になることはあるだろう」

「選手に替わってマンチェスター・ユナイテッドに謝るよ」

「選手らは意図していたものではなかったが、疲れているときにはアクションが遅くなり、この手のことが起こる可能性がある。私が心配したのは、まだ準備の時期だからだ。時には、アグレッシブになる必要があり、情熱をもってプレーする必要がある。時には、フィットネスを構築し、プレーしたい方法を見出すことに集中する必要がある」

Moussa Sissoko was not sent off for his challenge - and subsequent stamp - on Daniel James