/マウリシオ・ポチェッティーノ:来夏ユナイテッド行きの報道…「レビィ会長とは話してない」

マウリシオ・ポチェッティーノ:来夏ユナイテッド行きの報道…「レビィ会長とは話してない」

 

ここ最近、ダニエル・レビィ会長との接点が減っていることを明かしたポチェッティーノ。レビィはおそらく新スタジアムの準備に従事しているとのこと。

なお、火災検知の安全システムの問題によって1月13日のマンチェスター・ユナイテッド戦が62,062人収容の新スタジアムの最初の試合になる見込みは消滅した。

「この2週間で彼とは一度しか話しができていない。彼はスタジアムの建設に注力している。おそらく現場で働いているぜ!」

「この2週間、ほとんど彼とは話せて無いんだよ。『ダニエル、私は君のなかの優先度が低くなってしまったのか?』ってジョークを言ったんだよ。彼は『昨日は君へのクリスマス・プレゼントを2時間も考えてたんだよ!』と答えてきたね。彼はおそらくスタジアムの方に尽力してるんだ!彼は私を驚かせるって言ってたね」

 

ポチェッティーノだけでなく、スパーズ ・ファンもダニエル・レビィ会長が最高のクリスマス・プレゼントを用意してくれていることを願っているであろう。