/マウリシオ・ポチェッティーノ:来夏ユナイテッド行きの報道…「レビィ会長とは話してない」

マウリシオ・ポチェッティーノ:来夏ユナイテッド行きの報道…「レビィ会長とは話してない」

金曜に報じられた、「ユナイテッドがジョゼ・モウリーニョ監督の後任として巨額のオファーを用意してポチェッティーノの招聘に動く」との報道について、ポチェッティーノがコメントしている。

 

今年5月に年俸850万ポンド(約12億円)で5年契約に合意したばかりのアルゼンチン人指揮官は、この報道について否定。ノースロンドンでこの上なくハッピーであることを強調している。

「(そのような報道は)知らないね。大切なのは私がここでとてもハッピーだということ。トッテナムは私の価値を認めてくれている。トッテナムにいられて私はハッピーだ。我々の仕事が認められていると感じられるからね。我々はそう思っているよ」

「ダニエル・レビィ会長が私と新たな5年の契約を結んでくれた。それは会長がその5年という期間は我々がこのチームやクラブという船の舵取り役として適任だと認めてくれたんだ。それが我々への評価なのさ」

「周りが『君たちは優れたナイスガイだ。フットボールについて詳しいんだろうね』と言ってくれる必要は無い。大切なのは、この我々のホームでどう感じられるかなんだよ」

 

一方、ジョゼ・モウリーニョ監督の代理人であるジョルジュ・メンデスは、モウリーニョに関する憶測の沈静化を狙い、次のような声明を出している。

「ジョゼ・モウリーニョがマンチェスター・ユナイテッドを去るとの噂が出ている。それらはまったくの偽りだ。ジョゼはクラブに満足しており、クラブも彼に満足している。彼はマンチェスター・ユナイテッドとの長期契約があり、クラブへの全幅の忠誠を誓い、プロジェクトを遂行している」