/マウリシオ・ポチェッティーノ:CLファイナルの敗戦の痛みから学ばなければならない

マウリシオ・ポチェッティーノ:CLファイナルの敗戦の痛みから学ばなければならない

マウリシオ・ポチェッティーノは、トッテナムが来シーズンに飛躍したいならば、チャンピオンズリーグ・ファイナルでの敗戦の痛みから学ばなければならないと語っている。

 

マウリシオ・ポチェッティーノは、トッテナムが今シーズン、リバプールやマンチェスターシティなどとプレミアリーグのタイトルを争いたいのなら、チャンピオンズリーグ・ファイナルに負けたことの痛みから学ばなければならないと語っている。

スパーズは6月、マドリードで開催されたクラブ史上初のチャンピオンズリーグ・ファイナルでリバプールに2-0で敗れ、プレミアリーグではタイトル争いから脱落した後に失速したものの4位に踏みとどまった。

ノースロンドンのクラブはさらなるチームの成長を見据え、18カ月ぶりに移籍マーケットに参入した。

しかし、クラブ・レコードとなる移籍金でフランス代表ミッドフィルダーを獲得したスパーズだが来月のシーズン開幕までにまだ仕事が残っていると、スカイスポーツ・ニュースのF1イギリス・グランプリの中継でポチェッティーノは語っている。

「もちろん、勝てなければいつだって失望する。私たちはいつも勝つことを目指しているからね」

Tottenham were beaten by Premier League rivals Liverpool in the Champions League final last season

「信じられないシーズンだったと思う。私はリバプールを祝福するが、失望は隠せないね。勝てない時の痛みから学ばなければならないよ」

「彼ら(リバプールとシティ)の課題はこれまでの水準を維持することであり、我々にとっての課題は彼らとの差を縮めることだ」

「差を縮めることは大きな課題だよ。どうなるだろうね。彼らはとても強く、とても質が高い。プレミアリーグは最も競争の激しいリーグだよ」

ポチェッティーノはシルバーストーン・サーキットを訪れた際、F1チームから学ぶためにマクラーレンのエンジニアたちとのミーティングに参加したことも明かした。

「マクラーレンの技術者と訓練場で何度か会合を持ったよ」

「これは大切な学習の機会であって、フットボールの技術がどう働いているかをよく理解しなければならない」

「このような出会いチャンスで、彼らがどのように働いているのかを生で見ることは、とても刺激的だね。素晴らしい体験だよ」