/ポチェッティーノのエリクセン移籍阻止の姿勢が裏目に…

ポチェッティーノのエリクセン移籍阻止の姿勢が裏目に…

マウリシオ・ポチェッティーノ監督は、クリスチャン・エリクセンがパウロ・ディバラとトレードするユベントス側の申し出を拒否していた。それにより、結果的にトッテナムのプレイメーカーが来年の夏にフリーで移籍することが懸念されている。

その判断を下した時点で、トッテナムの指揮官はエリクセンがノースロンドンのクラブで新たな契約にサインすることを期待していたが、エリクセンはまだ移籍の望みを持ち続けており、クラブ側は失意を持ち続けたままである。

ポチェッティーノはユベントスとのトレードによる移籍交渉を拒否したが、2020年に契約が満了した後のフリーでの移籍先の候補としてイタリア王者は現在、バルセロナとともに最有力候補となっている。

トッテナムの新たな契約締結への試みはここまですべて失敗に終わり、エリクセンは契約延長を受け入れるつもりはないようだ。

ポチェッティーノがトレードを拒否したため、結果的にアルゼンチン人アタッカーとの移籍交渉にもっと時間を割くべきであったとしてディバラ失注を後悔することになった。

現在、スパーズは2013年からクラブに所属しているエリクセンを移籍金ゼロで放出することになる懸念に直面している。

Paulo Dybala was offered to Spurs but Pochettino rejected the proposal on the table

27歳のエリクセンの1年後のフリーでの獲得レースはすでに始まっており、選手陣営は他国のチームと年明けの1月から自由に交渉を始めることができる。

レアル・マドリードとバルセロナは、どちらも夏の初めの時点では移籍先候補として報じられていたが、スペインの巨人たちは補強予算の大部分を他の場所に費やした。

今、スパーズのファンは、エリクセンがこのシーズンに集中し、不可避かと思われる1年後のフリー移籍の危機にもかかわらず、ピッチ上でのプレーではクラブに忠誠を尽くしてくれることを期待している。

Eriksen is the key playmaker for Spurs and Pochettino desperately wants him to stay

Tottenham Hotspur