/マウリシオ・ポチェッティーノ:CLのバルセロナ戦へ向けての記者会見(動画付)

マウリシオ・ポチェッティーノ:CLのバルセロナ戦へ向けての記者会見(動画付)

 

昨シーズン、レアル・マドリーに盤石の勝利を飾った。明日の試合に向けてチームにあの時の話をしたか?

今はまた違う時期にあると思う。今は多くの選手たちがワールドカップに参加した。当時はレアル・マドリーと戦うまで、あれが最大の山場となる試合だった。今は多くの選手がワールドカップに参加した。自分の現在や将来にどう影響を及ぼすかにおいて、個人やプロフェッショナルとしての進化はとても重要だと、皆さんもお分かりだろう。一年前にモチベーションを与えたのと同じ方法が今でも通用するかと言えば、たとえ同じ選手であってもそう上手くはいかないものだ。

私にとって明日の試合は楽しむためのものだ。メッシのような世界最高の選手たちを相手にプレーを楽しむんだ。選手たちにも言ったんだが、フットボールはドラマではない。最も重要なことはいつも通りに集中して競い合うこと。そのなかでも、メッシのような最高の選手との戦いを楽しむことだ。ピッチに出るときには、楽観的にハッピーで笑顔を忘れずに。深刻になりすぎてもいけないね。

 

バルベルデはコンセプトをあなたに共有した?

彼との関係はエクセレントだ。彼がエスパニョールにやって来た時、私は選手だった。彼の判断は正しかったと理解しているよ。フットボーラーというのは幻想のなかに生きているんだ。すべてが選手を守り、周りの全員が選手を守っている。現実を知ると、選手たちは驚くのさ。私はそれを知り、指導者としてのキャリアを歩み始めなければいけなかった。だから今、ここにいるんだよ。よって人生においてもフットボール界のキャリアにおいても、状況は瞬時に変わっていく。一つのドアが締まっても、他の多くのドアが開く。私は被害者にはなりたくない。勇敢でありたいからね。長い年月を経て、私に指導者としての道を歩むキッカケをくれたかつての監督と、明日、私は対戦することになる。

 

 

あなたの指揮下での毎シーズンの進化を見届けてきたが、昨シーズンはヨーロッパでの躍進だった。今シーズンは?

とても難しい質問だね。チームの進化は誰もが評価でき、見届けることができる。100%正直に答えると、とても大変だし、タフだよ。戦うレベルを維持するために、一生懸命やっているよ。我々のレベルは、毎シーズンを戦い抜くためのもの。もちろん、タイトル奪取を目標にしているが、現実と夢、そして期待とは、今日においてバランスが取れているとは言えない。最も重要なのは日々、一戦一戦だ。今、一番大事なのは、バルセロナ戦に集中することだよ。そして、シーズンが終わった時にどうなっているかだ。チームがうまくいっているか、昨シーズンよりも成長したかを現時点で判断するのは難しいね。あらゆる状況をいっしょに考慮して、分析する必要があるからね。

くどくど言いたくはないんだが、今シーズンの状況はとてもタフだ。カラバオ・カップのスケジュールを見て欲しい。我々は月曜にウェンブリーでマンチェスター・シティと戦って、その後の水曜か木曜にカップ戦(ウェストハム)が入るんだ。それから、土曜日に試合をして、火曜日にチャンピオンズリーグと続く。タイトルを争いたいチームにとって、完全にアンフェアだよ。もちろん、我々はそれに対処していかなければならない。皆さんに言っている通り、これまでで最も難しいシーズンになるだろう。

これからの数週間で何が起こるか分からない、これまでとは異なる状況での大きなチャレンジだ。いつから新しいスタジアムでプレーできるか分からない。すべてがこんな状況では、これからどうなっていくのか気が気ではないよ。これから大切なのは、どの試合でも戦える準備を整えること。勝利を目指してね。そしてシーズンが終わった時にどうなっているかだ。我々とチームとファンが、新しいスタジアムに馴染んだ時、我々はようやく目的について話し始めることができる。しかし、今は次の試合にのみ集中するまでだ。