/マウリシオ・ポチェッティーノ:CLのバルセロナ戦へ向けての記者会見(動画付)

マウリシオ・ポチェッティーノ:CLのバルセロナ戦へ向けての記者会見(動画付)

ポチェッティーノの記者会見:負傷者について、ロリス、メッシ対策、ケイン、他。バルセロナ戦を前にしたマウリシオ・ポチェッティーノ監督の記者会見の内容全文。

 

 

あなたは自著で、バルベルデがあなたの選手キャリアに終止符を打ったと言及しているが?

それは本の中に書かれているよ。彼とはとても良い関係を続けているし、敬意を払っている。彼は素晴らしいプロフェッショナルで、偉大な監督だよ。当然、当時は一選手としてああいう決断を理解するのは難しかった。私に対して彼はいつも明確に接してくれた。もちろん彼に会えるのは良いことだよ。アメリカで彼には会ってるんだ。プレシーズンにロサンジェルスで試合をした時だよ。

10年以上も前に起こったことを説明しているだけだ。監督ともなれば、決断を下すことは常に難しいものだと理解している。それが我々の仕事なんだ。我々の関係は全て上手く行っているよ。とても良い関係だ。

 

ウーゴ・ロリスは明日先発するのか教えてもらえるか?

イエス。彼は間違いなく準備OKだ。試合前に何か問題でも起こらない限り、プレーするよ。

 

あなたの監督デビュー戦はカンプノウでの勝利だった。現在、負傷者続出だが当時のエスパニョールほど強力か?

あの時の勝利は覚えているよ。当然、少々の運もあった。バルセロナは首位に立っていて信じられないような選手たちの集まりだった。もちろん、驚きの一言に尽きる勝利だったね。我々は最下位に沈んでいたんだから。あの時、我々には勝利が必要だった。ポイントが必要だったんだ。確かエスパニョールは27、28年間バルセロナのスタジアムで勝っていなかったんじゃないかな。そういう状態から、再び同じ結果を出すのは不可能だね。異なるチームを比較することはできない。同じ信念を持つことは重要だ。あの時、我々には信念があり勝利の可能性を信じていた。今のチームもまた信念を持って勝利を目指している。試合がどうなるかはまた別の話だ。すべては状況が異なっているんだ。明日の夜、結果はどちらに転ぶだろうね。我々は彼らに対抗することができるか、同じレベルでいることができるか。最終的には勝利を目指す姿勢だし、我々にはそれがある。最後に我々が3ポイントを獲得できるか、楽しみだね。

 

プレーの調子が悪いバルセロナだがスパーズにとって有利か?

見極めるのは難しいね。ネガティブな流れの中にあるチームを見ると、異なる大会で戦うことは返って良かったりするからね。バルセロナやあそこに少しばかり似ているチームはチャンピオンズリーグではベストの戦いをするものだ。明日がどうなるかを推し量るのは難しいよ。この試合に臨むにあたって、我々は明日のバルセロナがはベストの状態だと覚悟しなければいけないね。