/マウリシオ・ポチェッティーノ:プレミアリーグに復帰したい

マウリシオ・ポチェッティーノ:プレミアリーグに復帰したい

初めてポチェッティーノがイングランドにやってきたのは2013年1月だったが、それ以前にやってきていた可能性があった。1996年にエスパニョールのチームメイトであるフロリン・ラドチョウ(元ルーマニア代表)がウェストハムに移籍したとき、現役時代にセンターバックだった彼も当時のイングランドの「わんぱくな」環境を楽しもうと、同様の移籍を考えていた。

無骨なディフェンダーであったポチェッティーノは、1990年代半ばのイングランドのラフではちゃめちゃなプレースタイルにぴったりだったかもしれないが、実際に彼の存在がイングランドの地で誇示されるには、20年近く待たなければならなかった。

「今の若いイングランド人の監督はヨーロッパの人々への影響力を持っている。以前は、イングランドのフットボールは閉鎖的だった。ここからヨーロッパに上表を共有したり、ヨーロッパのやり方をここで融合させたりするのは困難で、当時はヨーロッパの監督により強い影響力があったんだ」

「私がサウサンプトンに最初にやってきたとき、選手たちはディフェンダーの広報にボールを蹴り込んで、それからそこにプレスを掛けるべきだと叫んでいた。攻撃のアプローチはだいたいそんな感じだったよ。そういった考え方を変えるのは大変だったが、今は異なるスタイルのフットボールを見ることができる。プレミアリーグは世界最高のリーグになったんだ」

ポチェッティーノを成功に導いた主な要因は、子供の頃から彼の羅針盤となっていた内なる信念である「Energia Universal(より深い結束)」である。

「私はいつもこのエネルギーを信じてきた。夢を見たときに考えるんだ。何かを見出すことに没頭する。そして、そのエネルギーがそれを見出すのを助けてくれるんだ」

「誰がこの考えを私の脳に入れたのか、私自身の考え方に植え付けたのかはわからないが、確かにそこにあるんだよ。エネルギーがそこにある。ただし、それを信じるときだけね。信じる信じないはあなた次第。このエネルギーを理解したくなければ、それは消えてしまうだろう」

プレミアリーグのクラブがポチェッティーノの招聘を決定し、彼のその「Energia Universal」がこのリーグに戻ってくるかどうかは時が経てば分かるだろう。

そのようなオファーが来ない場合、彼は国外でのその機会を探ることになる。しかし、この国のフットボール文化にしっかりと根付いたこの男にとって、国外でのキャリアは最適ではないようだ。

「もし私たちがヨーロッパに移ったら、イングランドが恋しくなるだろうね」

彼は微笑んでそう答えたが、この質問は「無礼」としか言いようがないだろう。