/マウリシオ・ポチェッティーノ:プレミアリーグに復帰したい

マウリシオ・ポチェッティーノ:プレミアリーグに復帰したい

ポチェッティーノは、昨年の11月19日にスパーズを離れ、一旦フットボールの現場を離れている。彼は深い反省のために時間をかけ、自身との関係があるいくつかのクラブにだけ、その情報を追っていた。

「私はアルゼンチンとカタール、そしてスペインにいた。私は(スパーズ時代のアシスタントマネージャー)ジェススと一緒だったよ。彼は少しニュースを追っている、私は噂にも気づきいているよ」

「コーチングスタッフの全員がそういった噂があることは受け入れている。我々はそういった噂を普通に聞き流しているよ」

「人は平凡な人として暮らす必要がある。我々は普通の人間であって、なにか特別な人間ではない。我々は俳優ではないし、自分が信じていないことは何もしないよ」

5年以上にわたり、彼の信念はトッテナムの文化のなかに勝利への意識をより強く組み込んできた。彼のポジティブな哲学が、タイトルという戦果として現れなかったことには後悔の念が残るが、ポチェッティーノはノースロンドンの勢力図をひっくり返した指導者であり、その大きな功労は依然として大きな誇りの源である。

Pochettino is proud of the legacy he has left at Tottenham, which was cultivated while the White Hart Lane stadium was undergoing a major transformation
ホワイトハート・レーンから生まれ変わった新スタジアムもポチェッティーノが残した大いなる遺産

「もちろんトッテナムで成し遂げたすべてをとても誇りに思っているし、そこでの時間を分析すると、多くのポジティブなことが起こっていた」

「私はクラブにとって極めて重要な時期を任されていたんだ」

「あの時点で私が乗り越えなければならなかったことのすべてが、今思ってみれば驚愕なことばかりだった。ホワイトハート・レーンを破壊し、新しいスタジアムを建設し、ウェンブリーとミルトン・キーンズでプレーする。フットボールをよく知る人達だけが、これらの状況に立ち向かうことがいかに難しいかを知っているだろうね」

「新しい哲学と新しいアイデアを浸透させるのはとても困難だったが、我々が得た成功に強く誇りを感じているし、トッテナムを別のレベルに引き上げることができたと思っている」

「チャンピオンズリーグに3〜4年続けて出場し、(プレミアリーグで)アーセナルよりも上で何度もフィニッシュしたことは大きな遺産だよ。タイトルを獲得することはもちろん大きな戦果だけど、このレベルにまでクラブを押し上げ、新たなスタジアムを手にすることができたことこそが我々にとって遺産なんだ。それはタイトルを勝ち取る以上のものなんだよ」

Pochettino revealed Jurgen Klopp reached out to him following his Tottenham sacking
トッテナムを解任された後にユルゲン・クロップから連絡があったことを明かすポチェッティーノ