/マウリシオ・ポチェッティーノ:ギャレス・ベイルの移籍の秘密を解き明かす

マウリシオ・ポチェッティーノ:ギャレス・ベイルの移籍の秘密を解き明かす

 

元スパーズのハリー・レドナップ監督は、インテル戦の活躍の後もベイルが左サイドバックで世界最高レベルの選手として大成すると信じていたが、同時に、スパーズがベイルの放出に動いていたことは一切無いと主張を続けて、この「公然の秘密」が誕生した。

しかし、スパーズはフットボールリーグのクラブ(チャンピオンシップやリーグ・ワン、リーグ・ツーなどイングランド2部〜4部のクラブ)からの補強がギャレス・ベイル(サウサンプトン)とデレ・アリ(MKドンズ)を除けばほとんど無いことについて問われたポチェッティーノは、ベイルがスパーズで盤石のキャリアを築いたわけではない点を明かしている。

「あぁ、でもベイルのことを覚えてるだろ。ここで成功を掴むまでに3年間を要したんだ。クラブは左サイドバックを獲得したつもりだったが、現在はまったく逆のポジションでプレーしてるよ!」

「あれは正直なところラッキーだったんだ。不振の3年間だよ。クラブから何が起こったか、当時の話を聞いている。クラブは…(手で振り払う「放出」を意味するジェッシャーをして)…を希望してたんだ」

「皆さんの方がその経緯をよくご存知だろう!フットボール界ではいつもどこかで起こりうることだが、本当にラッキーだったね!真実か虚構かって?真実だよ!4年やってきて、互いに正直であるべきだと分かったんだ」