/マウリシオ・ポチェッティーノ:ギャレス・ベイルの移籍の秘密を解き明かす

マウリシオ・ポチェッティーノ:ギャレス・ベイルの移籍の秘密を解き明かす

ついにマウリシオ・ポチェッティーノ監督がトッテナム在籍時のギャレス・ベイルに関する公然となった秘密を認めた。さらに、スパーズの若手選手の獲得における成功率の重要性についても語った。

 

ギャレス・ベイルがスパーズでその才能を開花する前に放出される手はずだったというフットボール界の公然の秘密が、ついにスパーズの監督であるマウリシオ・ポチェッティーノによって明かされた。

2013年に8500万ポンドという当時史上最高額の移籍金でスパーズからレアル・マドリーに移籍し、その後、チャンピオンズリーグとラ・リーガのタイトルを勝ち獲ったウェールのスターは、現在、世界最高の選手の1人に数えられている。

しかし、サウサンプトンからスパーズにやってきた頃のベイルは、ノースロンドンでのキャリア形成に苦しみ、一時、スパーズは売却に動いていたことが公然の秘密として伝えられていた。なお、スパーズでデビューしてから出場した24試合連続で勝利無しという不名誉な記録をベイルは持っていた。

ノッティンガム・フォレストが若手左サイドバックだったベイルの完全移籍での獲得に迫っていたとされ、さらに当時バーミンガムの指揮官だったアレックス・マクリーシュもベイルのローン補強が成立に向かっていたことを認めている。

その後、スパーズに残ったベイルはウィングにポジションを移してチャンスを活かすと、あのチャンピオンズリーグのインテル・ミラノ戦で世界にその才能を轟かす。その先のベイルの輝かしいキャリアは誰もが知るところだろう。