/マウリシオ・ポチェッティーノ:私の準備はできている

マウリシオ・ポチェッティーノ:私の準備はできている

「もちろん、クラブの発展や目標達成のために一生懸命働いて、5年半でクラブを去る時は辛いものだよ。私たちは、私たちの体と心の中で、私たちのすべての知識を持って新しいプロジェクトを推し進めようとしているし、フットボールで私たちの情熱を示すためにエネルギーに満ちているよ」

コロナウイルスによってシーズンを延長したことで、これからリーグの再開がいつになるのかは不明のままだ。ポチェッティーノにとっては、ピッチ脇のベンチへの復帰の目処を見越すのは難しそうだ。

「私にはわからないよ。フットボールでは、一分一分が大事なんだよ」

「最も重要なことは、私たちの準備ができているということだ。私たちはオープンにオファーを聞くし、どうなるか状況を見届けたい。しかし、現時点では、いつになったらまたフットボールの現場に戻れるのか、誰にもわからないよ」

「もちろん、クラブに大きな影響を与える経済への影響は誰もがご存知のとおりだ。それはフットボールに関わる人々にも影響を与えるはずだ。フットボールのエンターテイメントを提供している企業は苦しんでいる。私たちの責任は、この状況を理解し、連帯感を示すことだよ」