/マウリシオ・ポチェッティーノ:私の準備はできている

マウリシオ・ポチェッティーノ:私の準備はできている

「すべてのクラブは、異なる文化、異なる哲学、異なる働き方を持っている。成功のためのプランもそれぞれ違う」

「あるクラブで成功するためには、チャンピオンズリーグやプレミアリーグで優勝する必要があるが、他のクラブではトップ4やトップ6に入ることだ。トッテナムにとっては、新しいスタジアムを建設すると同時に、競争力の高いチームを作り、トップ4との差を縮めることだった」

「一つ一つのクラブにはそれぞれ異なる目的があり、コーチングスタッフとしてのその考えにこだわり抜く必要がある。最終的には、新しいオファーを待っていて、クラブが期待していることを提供できるようになったときには、とても幸せな気持ちになるだろう」

では、彼はプレミアリーグのトップ6以外のクラブでの仕事を検討するだろうか。

「問題は、どのクラブがトップ6なのかということだ。トップ6は常に変化する。現在トッテナムはトップ6には入っていないし、アーセナルもトップ6には入っていない」

「すべてのクラブを尊重する必要がある。どのクラブも一生懸命やっていて、お金を投資している。毎シーズン、クラブはトップ6やトップ4になるという野望を持っている。どのクラブを過小評価することはできないと思う」

復帰の期限は決めていない…

スパーズが解任したときに取り決められた、ポシェティーノを招聘した新たなクラブから補償金を受けることができる期間は終わった。では、ポチェッティーノは復帰の準備はできているのだろうか。

「ずいぶん前から準備はできていたよ。フットボールで最も重要なことは、新しい現実に適応するために、素早く動くことだ」

Pochettino left Tottenham in November 2019 after five and a half years