/マウリシオ・ポチェッティーノ:私の準備はできている

マウリシオ・ポチェッティーノ:私の準備はできている

今話題のマウリシオ・ポチェッティーノが、自身の将来の計画をインタビューで大々的に明らかにした。

マウリシオ・ポチェッティーノは、「トップ6」以外のプレミアリーグのクラブで指揮を執ることにも前向きで、イングランドでもその他の国でも監督業に復帰することを熱望しているようだ。

昨年11月にトッテナムを退団したアルゼンチン人はニューカッスルのターゲットとなっており、スパーズ時代にはヨーロッパ中の他のクラブの監督就任も噂されていた。

ポチェッティーノはSkySport Newsに語った。

「私はイングランドを愛している」

「私はロンドンに住み続けたいと考えているが、同時に他の国に移ることにもオープンだし、どうなるか状況を見届けたいね」

「私は準備ができているし、私たちは今、より良いコーチングスタッフになっている。エスパニョール、サウサンプトン、トッテナムでの経験から多くを学んできた。今後、私たちを信頼してくれる人たちの期待に応えられることがたくさんあるんだよ」

ニューカッスルについて尋ねられたポチェッティーノは、次のプロジェクトを決断する主要な要因について明確に答えた。

「監督業の初日に私がしたような振る舞いをする必要がある」

「最も重要なのは2つで、1つはファンが後押ししてくれること。それは、フットボールというエンターテイメントを提供するすべてのクラブを存続させている構造だ。もう一つは、クラブのアイデアだ」