/マウリシオ・ポチェッティーノとソン・フンミンがロンドン・フットボール・アワードの栄冠に

マウリシオ・ポチェッティーノとソン・フンミンがロンドン・フットボール・アワードの栄冠に

 

ロンドンのクラブに所属する選手や監督の試合でのスタッツに加えて、メディア関係者の評価によって受賞者を決定するロンドン・フットボール・アワードは、毎年、ロンドンのフットボールの節目を祝っている。

僕にとっては本当に特別なんだ。これまでの受賞者は偉大な選手たちばかりだしね。

 

木曜日の授賞式典で集められた募金は、深刻な病気を患っている16歳から40歳までの患者の皆様に特別な日を提供することで知られるウィロー財団の慈善団体の支援に用いられる。

 

トロフィーを受け取った後に同じアルゼンチン出身でスパーズ・レジェンドのオジー・アルディレスと写真を撮影したマウリシオ・ポチェッティーノは次のように語っている。

「とても嬉しいよ。私にとって大きな名誉であり、その意味の大きさはよく分かっている。ボブとメグ(財団の創設者)、そしてウィロー財団に感謝を伝えたいね。これはとても重要なことであり、ここに立てることはとても誇らしいよ。このようなイベントで多くのレジェンドたち、素晴らしい人たちとともに時間を共有できることがね」

ソンの受賞について語るマウリシオ。

「ファンタスティックだね。彼はファンタスティックな仕事をしてくれているし、アメージングなシーズンを過ごしているから、我々としても誇らしく感じているよ。チーム全体を私はもちろんとても誇りに思っているが、今回はソニーがプレミアリーグ・プレーヤー・オブ・ザ・イヤーを受賞した。彼にふさわしい賞だと思うから、私は彼を祝福するよ」

Tottenham Hotspur