/エバートン戦の敗戦で見えた5つのポイント

エバートン戦の敗戦で見えた5つのポイント

ジェドソンの問題

ジェドソン・フェルナンデスは、エバートン戦のトッテナムのメンバーには含まれていなかった。

1月にベンフィカからローンで移籍した後、昨シーズンの終わりに少しだけ出場機会を得ていたポルトガルの若者は、ノースロンドンへの完全移籍を実現するための重要なシーズンを迎えている。

プレシーズン初戦となったイプスウィッチ・タウン戦では、慣れない右サイドバックとして好スタートを切ったジェドソンだが、その後の2試合では印象に残るプレーができず、代表戦への合流の前に苦戦を強いられていた。

プレミアリーグのクラブは、昨シーズンの6月のシーズン再開後、ベンチに9人の選手を入れることが許されていたが、今シーズンからは7人の控え選手と3人の交代枠という古いルールに戻ってしまった。

これでは大人数のチーム戦力を抱える指揮官にとって、選手選考にかなりの頭痛の種となる。

さて、エバートン戦ではジェドソンの招集枠は与えられず。これからプレミアリーグの試合で出場機会を得るために、彼は大きな戦いを強いられているだろう。

この若者は、ヨーロッパリーグとカラバオ・カップでチャンスを掴み、ベストを尽くすことを期待しなければならないだろう。