/ライアン・メイソン:シェフィールド・ユナイテッド戦を控えての記者会見

ライアン・メイソン:シェフィールド・ユナイテッド戦を控えての記者会見

そのためにはどうすればいいと思いますか?もっと何かする必要があるのでしょうか?

さっきも言ったように、そういうプラットフォームを利用しようと思ったら、名前や住所など、この人はこういう人だというプロフィールが必要になって、ツイートやメッセージを投稿するなら、そのプロフィールが必要とすべきだね。

それから、その人が法律に違反してたり、許されないことをしたりした場合には、処分を下すことができるようにすることだね。

あなたの立場で、ソーシャルメディアの問題について選手たちと話す必要がありましたか?

僕はこの仕事に就いてまだ1週間ほどだけど、選手としての経験からすると、ソーシャルメディアと共存することを学ばなければならない。

これは許されることではない。多くのプラットフォームで起きていることだ。長い間、ずっと続いてきたことなんだ。でも、ここで行動を起こす必要があるんだ。選手に向けられる罵詈雑言の中には、様々な人からのものがあるけど、それらが誰からなのかがわからないということは許されない。

名前もないし、どこの国の人かもわからない。このようなことは、僕たちが生きているこの世界ではありえない。このようなソーシャルメディアのプラットフォームは、何か行動を起こす必要があると思うよ。

あなたが現役時代の頃からその影響はありましたか?

そうだね。その手のコメントが影響しないと言えば嘘になるだろう。僕たちは人間だからね。僕はそのようなコメントを見たくなかったので、選手としてはソーシャルメディアから距離を置かなければならなかった。

引退した後も、自分の怪我などについてメッセージを受け取ることがあるけどが、そういうのは別のメッセージだと思って無視するようにしている。でも、こういうことは許されるべきではないんだ。許されるべきではないのに、許されると思われてるんだよ。

このようなことに責任を持てるような仕組みが必要だと思っている。