/ブックメーカーの獲得オッズで見るトッテナムの補強ターゲット

ブックメーカーの獲得オッズで見るトッテナムの補強ターゲット

マルシャル、グリーリッシュ、コヴァチッチ、ザハ、そしてベイル。トッテナムのこの夏の補強ターゲットの最新情報を、ブックメーカーのオッズとともに紹介する。

 

トッテナム・ホットスパーがこの移籍マーケットで動ける時間は、刻一刻と刻まれている。

昨シーズンのプレミアリーグを3位で終え、FAカップではセミファイナルに到達した。周囲のスパーズへの期待は、ここで2〜3人のクオリティを追加し、あと一歩先の戦果を新シーズンにあげることであろう。

すでにクラブは、マウリシオ・ポチェッティーノとの新契約を締結。さらにハリー・ケイン、ダビンソン・サンチェス、ハリー・ウィンクスらが、シーズン・オフに長期契約でクラブに忠誠を誓っている。

しかし、今のところ、ノースロンドンのクラブが獲得した選手はゼロ。ただし、多くの「獲得ターゲット」が報じられており、8月9日(木)までの移籍マーケット、これから残り数日が、慌ただしいものになりそうだ。

 

移籍マーケットがいつもよりも早く閉じることになる今回、ブックメーカーはスパーズが獲得しそうな選手たちをどうみているのだろうか?

 

ハリー・マグワイア – 20/1

ロシアでのスーパー・パフォーマンスの連続によって、ハリー・マグワイアの価値は急騰している。

トビー・アルデルヴァイレルトのスパーズでの未来が不鮮明ななかで、この夏のスパーズはセンターバックの補強に動くだろう。このレスター・シティのディフェンダーへの関心が取り沙汰されてきた。

 

スカイベット(大手ブックメーカー)のオッズでは、6/4とマンチェスター・ユナイテッドが優勢。スパーズは20/1である。