/マルアン・フェライニ:トッテナムの移籍について語る

マルアン・フェライニ:トッテナムの移籍について語る

恩師であるジョセ・モウリーニョとの共闘の可能性が取り沙汰されるマルアン・フェライニは、1月のトッテナムへの移籍を否定した。

母国ベルギーでの報道によると、モウリーニョは元マンチェスター・ユナイテッドのミッドフィルダーで、現在は中国の山東魯能でプレーするフェライニが、再びモウリーニョのもとでプレーするために移籍の準備をしているようだ。

現在の山東との契約がまだ2年間も残されているフェライニは、極東での最初のシーズンで、22試合で7ゴール、4アシストと好パフォーマンスを披露している。

しかし、今週初めにStandard Sportが報じたように、モウリーニョはフェライニ、ローマのエディン・ジェコ、ナポリのカリドゥ・クリバリの冬の移籍での獲得には興味を持っていない。

フェライニはEleven Sportsのインタビューでスパーズへの移籍について次のようにコメントしている。

「ジョゼは僕にとって特別だ。彼とはテキストメッセージをやり取りし、時々、電話もしているよ」

「彼はスパーズの監督となり、うまくやっているね。彼の健闘を祈るけど、僕は今の居場所で順調だよ」

Standard Sportは、1月にモウリーニョに与えられる補強資金が限定的であると理解しており、フリーで獲得できるズラタン・イブラヒモビッチとポルトガル代表ミッドフィルダーのブルーノ・フェルナンデスの獲得も実現の可能性はないと考えている。

Tottenham Hotspur