/スパーズ陣営の発したハリー・ウィンクス獲得へのシティの関心の真実は…

スパーズ陣営の発したハリー・ウィンクス獲得へのシティの関心の真実は…

今日、ロンドンからマンチェスター・シティがトッテナムのハリー・ウィンクスの獲得に興味があるとの情報が発せられた。

スパーズ陣営から発せられたであろう噂であるが、マンチェスター・シティはハリー・ウィンクスの獲得に動くことはないだろう。

昨年、ロドリにクラブ記録となる6200万ポンドをつぎ込んだシティは、この夏に新たなホールディング・ミッドフィルダーを補強するつもりはない。

また、イルカイ・ギュンドアンが同ポジションを担うことができるため、シティはこのポジションの補強の必要性を感じていない。

しかし、スパーズがウィンクスの売却を熱望しており、4000万ポンドを要求しているという噂が流れてしまった。

ペップ・グアルディオラは、ウィンクスを気に入っているようだが、シティのチーム戦力に彼を加えたいという願望まではないようだ。

トッテナムはチーム強化のための資金調達に必死だが、補強の前に資金を調達するために戦力を放出する必要があり、ウィンクスは売出し中のようだ。

シティは今夏、ディフェンダーのネイサン・アケとウインガーのフェラン・トーレスの獲得にすでに6200万ポンドを費やしている。

また、エティハド・スタジアムにもう一人のセンターバックを連れてくることにも意欲的で、カリドゥ・クリバリがメイン・ターゲットとなっているが、現状はナポリの要求額が大きな問題となっているようだ。