/ジャック・グリーリッシュの獲得でマン・シティのハリー・ケイン獲得の希望を失う[Manchester Evening News]

ジャック・グリーリッシュの獲得でマン・シティのハリー・ケイン獲得の希望を失う[Manchester Evening News]

ジャック・グリーリッシュとハリー・ケインは、2021年夏の移籍マーケットにおけるマン・シティのトップ・ターゲットだ。

今夏、マンチェスター・シティがハリー・ケインを獲得する望みは、ジャック・グリーリッシュの移籍成立で終わりを告げることになる。

シティは金曜日にグリーリッシュの獲得に対して1億ポンドのオファーを提示しており、今夏最初の大型補強を目指している。

アストンヴィラはグリーリッシュの残留に自信を持っていると言われているが、最終的には25歳のイングランド代表本人が移籍を希望するかどうかにかかっている。

シティは、ペップ・グアルディオラ監督が、昨シーズン終了後にフリーでバルセロナに移籍したクラブ史上最多ゴール記録を持つセルヒオ・アグエロの後継者として、グリーリッシュとケインを移籍マーケットでの2大ターゲットとしている。

しかし、グリーンリッシュが加入した場合、大幅な選手の放出が進まない限り、ケインの獲得はクラブの財政的に不可能になるとManchester Evening Newsは理解している。トッテナムは、ハリー・ケインに1億ポンド以上の評価額を付けており、クラブの象徴であるストライカーの売却を望んでいない。

ケインはシティへの移籍を希望していると言われており、昨シーズンの終わりにSky Sportsのギャリー・ネビルとのインタビューでもそのように語っていたが、ノースロンドンのクラブとの契約はあと3年残っている。

世界的なストライカーとしての地位を確立しているにもかかわらず、主要なタイトルを手にしていないケインは、来年29歳になる。