/資金調達のために放出されるエインズリー・メイトランド・ナイルズの獲得にスパーズが関心

資金調達のために放出されるエインズリー・メイトランド・ナイルズの獲得にスパーズが関心

エインズリー・メイトランド・ナイルズは、アーセナルから放出されても、ロンドンに残る可能性が高い。

多才な22歳のメイトランド・ナイルズは、この夏のアーセナルのチーム戦力大刷新において、その資金を調達するためにミケル・アルテタによって放出リストに載せられている。

そして、移籍マーケットが始まってから数日のうちに、チェルシーを除くロンドンの全てのプレミアリーグのクラブがその新天地となるべく名乗りを挙げた。

その中にはトッテナムも含まれており、ジョゼ・モウリーニョはこの夏、自身のチーム再建計画のために創造的な工夫を凝らしているところだ。

メイトランド・ナイルズは中盤と守備の多くのポジションで高いレベルのパフォーマンスを発揮する能力を持っており、いくつかのチームにとって魅力的なオプションとなる。

アーセナルはU-21イングランド代表のメイトランド・ナイルズに3000万ポンドを要求しているが、資金が十分にあるのであればクラブに留めたかった逸材でもある。

しかし、アーセナルのクラブ財政はピンチにあり、最終的には2000万ポンド程度でも受け入れなければならないかもしれない。

ウェストハム、クリスタルパレス、フラムは特に強い関心を示している。

アーセナル・アカデミー出身のメイトランド・ナイルズは、シーズンの初めにディフェンダーとしてよりも中盤の中央でのプレーすることを好むとほのめかしていた。

しかし、それ以降、彼はどこでもプレーできることを強調している。

メイトランド・ナイルズは、2-1で逆転勝利を収めたFAカップ決勝のチェルシー戦でフル出場を果たしている。