/ジャン・ミシェル・オラス会長:エンドンベレはクラブを去りたがっている

ジャン・ミシェル・オラス会長:エンドンベレはクラブを去りたがっている

リヨンのオラス会長は、フランス代表タンギ・エンドンベレにクラブを去る意向があることを認めたが、まだ多くの手順が残されていると語った。

 

トッテナム・ホットスパーによるリヨンのミッドフィールダー、タンギ・エンドンベレの獲得劇は、オリンピック・リヨンのジャン・ミシェル・オラス会長が「選手本人が移籍を求めている」ことを認めたため、別の展開に進んだ。

スパーズは、22歳のフランス代表との契約を結ぼうと尽力し、リヨンとの間で移籍金について合意に至ろうと努めているなか、エンドンベレの獲得レースでは多くのビッグクラブと争っている。

現在休暇中のエンドンベレは、マウリシオ・ポチェッティーノのもとでレギュラーとしてプレーするためにトットナムへの移籍を望んでいると考えられている。

リヨンは火曜日に、フラメンゴのディフェンシブ・ミッドフィールダー、ジーン・ルーカス(21歳)の加入を発表。オラス会長はジーン・ルーカスの加入によってエンドンベレの移籍が前進することをかつて示唆していた。

オラスはメディアにジーン・ルーカスを紹介したその席で、エンドンベレについて次のように語っている。

「彼は移籍を求めている。まだ何も決まっていないが、ドアはおそらく開いているよ」

「タンギ・エンドンベレは、ビッグクラブたちによって追いかけられているんだ。何も決まっていない。彼が去ることに備え、私たちは多くの選手を狙ってきた。チアゴ・メンデスは、そのうちの1人だよ」

トッテナムのファンは、ダニエル・レビィ会長が欧州で最も高く評価されている若手ミッドフィールダーのエンドンベレを獲得することを期待している。