/コロナ対応でクラブと母国を怒らせたルカ・ヨヴィッチにトッテナムとチェルシーへの移籍を容認 [Mirror]

コロナ対応でクラブと母国を怒らせたルカ・ヨヴィッチにトッテナムとチェルシーへの移籍を容認 [Mirror]

セルビアのアナ・ブルナビッチ首相は、次のようにコメントしている。

「私たちは数百万ドルを稼ぎ、自己隔離の義務を無視した反面教師となるべくフットボールのスター選手を出してしまった」

加えて、大統領のアレクサンダル・ヴチッチのコメントはさらに語気が強い。

「彼が自宅アパートを出たら逮捕する」

「彼は自分がやったことを後悔していると思うが、私たち人々の生活は、彼一人の生活よりも数百万倍も重要であることを彼に明確にしたい」

22歳のヨヴィッチは、スペインとセルビアで受診した新型コロナウイルス感染症の検査結果が陰性であると主張したが、それでも人々を危険にさらしたことを次のように謝罪した。

「一部の人たちがプロフェッショナルな仕事をせず、僕に隔離状態とはどうすべきかを僕に指示してくれなかったのを本当に申し訳なく思います」

「スペインでは薬局とスーパーに行くことが許可されていたけど、ここ(セルビア)ではそうではなかったんだね」