/ルーカス・モウラ:ウナイ・エメリに干された「人生で最悪の7ヶ月間」

ルーカス・モウラ:ウナイ・エメリに干された「人生で最悪の7ヶ月間」

ノースロンドン・ダービーでいつも以上のモチベーションを手にするとしたら、アーセナルのベンチに座るウナイ・エメリの存在で十分であろう。

 

トッテナムのアタッカーは、昨シーズンのパリ・サンジェルマンでエメリの指揮下にあり、「人生で最悪の7ヶ月間」を過ごしていた。ネイマールとキリアン・エムバペが超高額の移籍金で加入したことによって。

その不遇によってスパーズへの加入がルーカスはそこで輝きを放つが、PSGの監督が半年遅れで同じくドーバー海峡を渡り、今週末にエミレーツ・スタジアムで2人は再会することになる。

 

The Brazilian left Ligue 1 giants PSG after falling down the pecking order under Emery

その件について質問を受けたルーカス・モウラが答えている。

「僕は自分の才能やクオリティを信じているよ。それを示したいんだ。彼に、このスパーズでね。PSGにいた最後の5〜6ヶ月間のことは忘れたよ。あのクラブでは多くのトロフィーを勝ち獲り、僕がハッピーだったその前の数年間のことが好きだね」

「最後のシーズンで多くを学び、成長したよ。今、僕はもっと経験を積んで、強くなったと思っているよ」