/ルーカス・モウラ:泣いてばかりはいられないよ

ルーカス・モウラ:泣いてばかりはいられないよ

トッテナムが直面する「ストライカー不在」の問題について、「泣いてばかりはいられない」と語るルーカス・モウラは、どのチームも同様の問題を克服していると主張している。

ここ2ヶ月の間にハリー・ケイン(ハムストリング)とソン・フンミン(腕の骨折)が負傷で離脱し、スパーズはシーズンの終盤戦をストライカー抜きで戦うことが決まった。

今週のチャンピオンズリーグ、RBライプツィヒに敗れた試合では、ルーカスとデレ・アリがフォワードのポジションに最も近い位置でプレー。ジョゼ・モウリーニョは、試合後にスパーズが直面する苦境を「不公平だ」として、「弾丸のない銃で戦っているようなもの」と揶揄。ソンの負傷が発表されたあとの今週初めの会見では、スパーズが壊れたハートの壊れたチームになったと語っていた。

Spurs fell to a 1-0 defeat by RB Leipzig in the Champions League without some key players

しかし、ルーカスは自分たちの境遇を憂いでいる余裕がないと主張する。

「彼らと同じようにゴールを決めることができる優れた選手がいるんだ。僕らは2人のビッグ・ストライカーを失ったけど、泣いてばかりはいられないよ」

「これがフットボールなんだ。どのチームだってこういう問題を抱えているんだ…、僕は(ゴールを決めるために)ベストを尽くすよ」

ティモ・ヴェルナーのPKによってライプツィヒがラウンド16のファーストレグの試合内容に相応しい勝利を与えたことによって、スパーズはチャンピオンズリーグの夢を持ち続けるに困難な戦いに直面している。

「僕らはこの展開を好転させることができる、まだ試合は終わっていない」

「得点するチャンスはあったんだ。試合には負けたけど、まだ終わってないよ。僕らはしっかりと準備して、敵地に乗り込んで突破の資格を得ることができると思ってるよ」

Jose Mourinho's side are without Son Heung-min (L) and Harry Kane (R) for a lengthy spell