/マウリシオ・ポチェッティーノ:2005年にメッシはエスパニョール加入に迫っていた

マウリシオ・ポチェッティーノ:2005年にメッシはエスパニョール加入に迫っていた

 

フットボール史上に燦然と輝くメッシのような偉大な選手との対戦は、この上ない貴重な経験になるとポチェッティーノは語る。

「メッシの対策を考えようなんて思ってないよ。それは不可能だからね」

「楽しむだけさ。相手を心配するよりも、相手を興奮させる必要がるね」

「私は(ディエゴ)マラドーナともロナウドともエゴ(私欲)をむき出しにして対戦したんだ。そんな経験は、子供たちや孫にだって話せるものだよ」

「だから楽しまないとね。しっかりと間合いを詰めて、相手陣内でプレーを続けられるようにするんだ。そして、レオをゴールから遠ざけるのさ」

「そうしなければ怖くてしょうがないよ!」

Mauricio Pochettino says he could be managing Lionel Messi at Espanyol if things had gone differently