/レドリー・キングがファースト・チームのアシスタントに就任

レドリー・キングがファースト・チームのアシスタントに就任

この度、レドリー・キングがファーストチームのアシスタントに就任したことを発表いたします。

レドリーはファーストチーム・スタッフの一員として、トレーニング・センターや試合当日にはコーチやアナリスト、選手たちと共に仕事をすることになります。また、アカデミーの選手たちがファーストチームへのステップアップを目指すのをサポートする役割も担うことになります。

レジェンドである元キャプテンのレドリーは、紹介するまでもなく13年間にわたってスパーズのトップチームで活躍し、通算323試合に出場。2008年にはキャプテンとしてウェンブリーでリーグカップを制覇しました。2012年に引退した彼は、その後もクラブ・アンバサダーとして活動を続けています。

ヘッドコーチのジョゼ・モウリーニョは次のようにコメントしています。

「新シーズンに向けて準備を続ける中で、レドリーをファーストチームに迎え入れることができて非常に嬉しく思っている」

「彼はこのフットボール・クラブと強い親和性を持ち、ファンは彼が真のスパーズ・マンとしてピッチの内外でどれだけのことを成し遂げてきたかを高く評価しているはずだ」

「私がこのクラブの監督に就任して以来、私と彼とは良い関係を築いてきたし、彼の経験と洞察力を生かして、私たちがチームで行っている仕事をサポートしていきたいと思っている」

また、昨シーズンまで戦術アナリストを務めていたリカルド・フォルモーシーニョがクラブを去ることになります。

リカルドの今後の活躍をクラブスタッフ一同、心よりお祈りしております。