/キア・ジョオラビシアン:ホイビィアをアーセナルに移籍させようとしていない

キア・ジョオラビシアン:ホイビィアをアーセナルに移籍させようとしていない

スーパー・エージェントのキア・ジョオラビシアンは、アーセナルへの影響力をかなり強めているとの報道を否定し、スカウト部門の責任者であったスヴェン・ミスリンタットを批判している。

ミスリンタットは2017年12月にアーセナルにやってきたが、2019年1月にクラブのスカウト部門を退任した。

ミスリンタットの不在の中で、アーセナルが今、ダビド・ルイスやセドリック・ソアレスを顧客とするジョオラビシアンの影響力に過度に傾くようになったと周囲の人々は主張している。

この代理人はまた、チェルシーを退団してアーセナルへの入団が迫っているとされるウィリアンや、ガナーズへの移籍の噂が出ているバルセロナのプレイメーカー、フィリップ・コウチーニョの面倒もみている。

しかし、アーセナルへの自身の影響力についてtalkSPORTに尋ねられたジョオラビシアンは、次のように語っている。

「私は実際には多くの噂が出ていると思ってはいるが、その理由は分からないんだ」

「でも、明らかにCOVIDが起こったことで、あまり話題もないなかで、ダビド・ルイスが周りからネタにされてるんだと思うよ」

「彼はビッグプレーヤーであり重要な選手だからね。『あぁ、あいつ(ジョオラビシアン)がアーセナルでかなり大きな影響力を持っているんだな』という雰囲気を醸し出してしまったのかな」