/ユネス・カブール、マウリシオ・ポチェッティーノが持つ「光の顔」と「闇の顔」

ユネス・カブール、マウリシオ・ポチェッティーノが持つ「光の顔」と「闇の顔」

 

「その後、そこで彼と握手をして、会話するのをやめたよ。彼との関係性はそこで終わったね」

「なぜあのような状況になったか今でも分からないんだ。トッテナムでは素晴らしい思い出がたくさんあるよ。もちろん、今だってリスペクトもしている」

「以前、俺はサンダーランドの一員として彼らと戦ったし、今ではワトフォードの選手として彼らと戦う。もちろん勝つためにね。それが俺の答えだからな」