/アーセナルを圧倒したビジャレアルのフアン・フォイスはトッテナムに戻る可能性があるのか?

アーセナルを圧倒したビジャレアルのフアン・フォイスはトッテナムに戻る可能性があるのか?

ノースロンドンのライバルであるアーセナルのヨーロッパリーグでの試合を観戦したトッテナムのファンは、生まれ変わったフアン・フォイスに気づかなかったかもしれない。

フアン・フォイスはビジャレアルにローン移籍したことで、ほとんど別の選手になってしまった。

フォイスは2017年にトッテナムに加入して以来、その評価についてはしばしば意見が分かれている。プレミアリーグで16試合に出場したものの、スパーズが必要とする信頼できるセンターバックとしての役割を果たすことはほとんどなかった。

夏にビジャレアルにローン移籍して以来、フォイスはいまだにそれができていないが、まだ23歳という若さで、これから大きな未来が待っていそうな選手としての輝きを放つことには成功している。

エスタディオ・デ・ラ・セラミカに活躍の場を移し、ウナイ・エメリのもとでプレーをし始めた初期の頃、フォイスはホールディング・ミッドフィールダーとしてプレーし、1月に元トッテナムのエティエンヌ・カプエがこのポジションを担うようになるまで、安定した仕事をしていた。

カプエにポジションを渡してから、フォイスは右サイドバックに移り、経験豊富なマリオ・ガスパールやルベン・ペニャとそのポジションを争うなど、ビジャレアルには豊富な選択肢があるにもかかわらず、このところはエメリのファーストチョイスになっている。

日曜日のバルセロナ戦で失点してしまった場面を除けば、フォイスはビジャレアルで一度もミスを犯しておらず、木曜日の夜にはヨーロッパリーグ準決勝ファーストレグでアーセナル戦の勝利に貢献する見事なプレーを見せた。