/フアン・フォイスが休暇返上でプレシーズンに合流した理由とポチェッティーノの狙い

フアン・フォイスが休暇返上でプレシーズンに合流した理由とポチェッティーノの狙い

ライアン・セセニョンがその役を引き受けるという話は以前からあったが、もしトッテナムがフルハムのティーンエイジャーの補強を予想通り成立させれば、セセニョンは最初は攻撃的なポジションでプレーすることになるだろう。

右サイドでは、フォイスが右サイドバックのレギュラーの座をアピールする大きなチャンスが与えられるように思われるが、彼は昨シーズンの終盤のボーンマス戦でレッドカードを受けているため、新シーズンの開幕から2試合は出場停止となる。

ポチェッティーノは以前、フォイスについて、ヨーロッパで最高のディフェンダーの一人になることができ、ポチェッティーノ自身がフォイスにとっての完璧な指導者になれると語っていた。

2年前の夏、PSGがフォイスの獲得を試みたにもかかわらず、ポチェッティーノと電話で話した結果、スパーズ行きを決めたことをフォイスは次のように明かしていた。

「(移籍を決める前に)僕はマウリシオと話す機会があったんだ。彼は僕には非常に優れた能力があるが、それを伸ばしてくれると言ってくれた。今のところ僕は少しずつ学んでいるけど、大きなサポートを受けているよ」