/フアン・フォイスが休暇返上でプレシーズンに合流した理由とポチェッティーノの狙い

フアン・フォイスが休暇返上でプレシーズンに合流した理由とポチェッティーノの狙い

ポチェッティーノは、特にプレイヤーを新しいポジションに変える試みを好んでいる。エリック・ダイアーの場合を考えて欲しい。多様性と戦術的な知性は、トッテナムの監督が選手に求める2大要素と言える。

その後、フォイスはコパ・アメリカに行き、アルゼンチン代表の右サイドバックのポジションで成功し、ノックアウト・ステージでもそこでプレーした。フォイスが右サイドバックになることを期待をしているアルゼンチン代表のマネージャーのリオネル・スカローニを含む多くの人から称賛を得た。

リオネル・スカローニは次のようにコメントしている。

「(サイドバックでの起用は)ギャンブルというより、代表チームの未来のためだ。彼は現在、キャリアの大きなステージにあり、より有望な未来を持っている」

「未来について考えなければならない。私たちは彼がとても活躍していたのを知っているし、それは私たちに多くの自信を与えてくれる。クラブでも右サイドバックでプレーをしていて、そこで活躍した若手選手なんだ」

「論理的に、彼は私たちのこのポジションの選択肢になっている。彼は強くて速い選手で、事実、私たちは彼に頼っているのだ。しかし、肝心なのは現在の調子を考慮に入れて、将来がより良くなることを見据えているということだ」

フォイスは16歳までエストゥディアンテスのアカデミーで攻撃型ミッドフィルダーとして育成されていたが、ボールの扱いに長けており、ドリブルの能力があり、タッチライン際の低い位置でもパスを受けることができる。

この若きディフェンダーがインターナショナル・チャンピオンズカップのツアーに加わったことは、シンガポールと上海でのユベントスとマンチェスター・ユナイテッドとの試合で、彼がスパーズの右サイドバックを務めることを示唆している。

さらに、ダニー・ローズとまだホットスパー・ウェイで負傷から復帰に向けてリハビリ中のベン・デイビスが抜けた左サイドバックをウォーカー・ピータースが務めることも示唆している。

ウォーカー・ピータースには出場機会が与えられ、おそらくこれがポチェッティーノに本職である右ではなく、反対側でもローズの穴を埋めることができると納得させる機会になるだろう。イングランド人の両サイドバック、ローズとトリッピアを失うと、スパーズはさらにホームグロウン枠の問題を抱えることになり、ウォーカー・ピーターがはそれを解決することが期待されるかもしれない。