/ジョゼ・モウリーニョ:ウェストハム戦の後の記者会見

ジョゼ・モウリーニョ:ウェストハム戦の後の記者会見

プレミアリーグのここ6試合で5敗を喫しましたが、クラブの危機的状況なるのはまだ先のことなのでしょうか?

『危機的状況』が何を意味するのか分からないね。『危機的状況』とは、ドレッシングルームでの憤りや悲しみが生じていることだとすれば、誰もが幸せではないし、この試合もそういった状況だと言えるよ。

最後の最後まで戦い抜き、良い結果を取り戻そうとしているチームであれば、『危機的状況』にあるチームではないだろう。『危機的状況』にある集団というのは、チームが結束しておらず、現状よりも良い結果を得ようとしていない集団を指すんだ。

だから私は『危機的状況』だとは言わないよ。悪い状況であり、本当に悪い戦績が続いている、と言うべきだね。それは明白だ。あまりに「負け」が多すぎる。

あなたの監督キャリアで最も厳しい状況ですが、自分の方法論に疑問を抱いていますか?

いや、全くだよ。まったく感じてない。皆無だ。

このような結果が続いているにもかかわらず、それほどの信念を持てるのはなぜですか?

なぜなら、試合の結果は時にフットボールにおいて複数の要因によりもたらされた結果であり、私と私のコーチング・スタッフの方法論は世界中の誰にも負けないものだからだ。