/ジョゼ・モウリーニョ:ボーンマス戦の後の記者会見

ジョゼ・モウリーニョ:ボーンマス戦の後の記者会見

今夜の1ポイント獲得についてはどう感じていますか?

「パワフルな人々*は批判されるのを嫌がる」って感じかな。それが私のコメントだ。ここからは好きなように取ればいいんだよ。

*「パワフルな人々」は「強い権力を持つ人々」を指し、審判団への批判ともとれる。

試合の序盤に審判の重要なジャッジがありましたが…

主審とVARのだな。まず第一に、我々のように50メートルの距離でも見ることができるものを(主審が)5メートルの距離からは見ていないからだ。第二に、VARは何が起こったかを詳らかに出来るはずだった。私はこれ以上の言及を避けておくよ。このくらいにとどめよう。

試合の残りの時間帯についてはどうですか?

試合の残りの部分は、相手チームが何とか勝ち点を獲得しようと奮闘したことの結果であり、彼らがいつものプレーから変えてきたのは彼らの判断なので、(我々チームについては)全く批判はないよ。今日の彼らはより守備的でダイレクトなプレーをしていました。いつもの彼らはボールを持って試合を組み立てる。今回、彼らはいつもより守備的でダイレクトにプレーした。彼らは普段どおりではなかった。すべてがダイレクト、ダイレクト、ダイレクト、ダイレクトだったが、この戦術の選択に対して、私は批判しない。彼らが我々を困難に陥れたんだ。

長い時間帯で我々のアクションが遅く、攻撃エリアでの鋭さを持っていなかった。私はチームを改善するために交代をしたた。最後の15〜20分は、我々がより優位に立てていた時間帯だったが、またしても試合が何度も止まってしまった。この試合の決定的瞬間はあいつのせいだろうが、それを言うのは疲れたよ。もう十分だよ、誰もが知っている。

週末にビッグゲームを控えているが選手たちはキレを取り戻す必要がありますか?

アーセナルはすでに48時間も休んでいる。皆で美味しいディナーを楽しんで、テレビで我々の試合を見ているだろう。これから48時間で我々はプレーしなければならないが、我々は戦うよ。