/ジョゼ・モウリーニョ:ウェストハム戦の後の記者会見

ジョゼ・モウリーニョ:ウェストハム戦の後の記者会見

イングランドで監督として300回目の勝利でしたが、チームは思い通りのプレーをし始めている?

まず2週間のチームでのトレーニング期間があったが、前にも言ったが、以前はあまりにも多くの失点をしていた。チームは守備に疑問を持っていたんだ。守備の組織構築に取り組むことが非常に重要だったし、この2試合でPKからの1失点しか与えていないことにとても満足している。チームがより強固になったね。

それは嬉しいことだし、選手たちにとっても自分のチームの守備が強くなっていると感じることは良いものだろう。たとえ攻撃の選手であってもそれは非常に重要なことだと思う。守備の構築がしっかりしていないと、良いチームはできないからね。

そして、イングランドサッカーで300勝

私は全く知らなかったよ。この数字を私は知らなかったのだから、事前にあなたから教えてくれないと。そうじゃなきゃ知る由もないんだよ。

エンドンベレは今日のウォーミングアップにも参加していなかった。フランスであなたと意見の相違があったと報道されているが本当なのでしょうか?

ノーだ。ベンチにはタンギ、セセニョン、トビー、フェルトンゲン、ジェドソンがいて、彼らはプレーしなかった。それがフットボールだよ。私にとっては、何でもないことだ。ベンチにはラメラとベルフワインという攻撃的な選手がいた。2人の素晴らしい選手が入り、さらにウィンクスを投入して、より安定感を持たせることができた。5人の交代枠について、5人すべて使わなければならないと思っている人もいるかもしれない。そうする必要はないんだ。あくまで、使ってもよいだけなんだよ。