/フィテッセ戦によってジョゼ・モウリーニョの決断が再現されるのか、そしてヌーノがまだ正しいと証明できる理由

フィテッセ戦によってジョゼ・モウリーニョの決断が再現されるのか、そしてヌーノがまだ正しいと証明できる理由

特筆すべきは、スカーレットがフィテッセのバックラインの陣形をほとんど崩すことさえできず、特にリーシェドリー・バズールのパワーと経験に苦戦していたことも注目に値する。

アカデミーからトップチームへの大きなステップアップの中で、スカーレットはベテラン選手とのマッチアップにおいて、まだ経験を深めようともがいているのがよくわかる。

年齢的にも経験値としても、トップチームでプレーできるのかという疑問は当然あるだろうが、ヨーロッパ・カンファレンスリーグで得たプレー時間は、長い目で見れば彼のためになるはずだ。

試合後の記者会見で、この若者について聞かれたエスピリト・サントはまさにそのように考えていた。

「デーンは17歳だ。彼にとっては大変なことだが、我々の選手の多くは、17歳のときにはトップチームでの試合に参加すらしていなかったんだよ」

「彼は才能に溢れているが、もちろん細部は経験によってもたらされるし、経験とは今日のように厳しい相手と戦うことなんだよ」

現在、ヨーロッパでの試合では彼の後方に創造性が欠けていることにサポートを受けられてはいないが、スカーレットにもいつかはチャンスが巡ってくるだろうし、2020-21シーズンにクラブのユース・チームでゴールを量産した彼の勇姿を見れば、いつか彼がトップチームでチャンスをモノにすることを期待したい。

トッテナムはスターの原石を手にしているが、スカーレットの今後の成長に関しては、忍耐がカギとなるだろう。