/フィテッセ戦によってジョゼ・モウリーニョの決断が再現されるのか、そしてヌーノがまだ正しいと証明できる理由

フィテッセ戦によってジョゼ・モウリーニョの決断が再現されるのか、そしてヌーノがまだ正しいと証明できる理由

10月に入るとチームの苦境を立て直すためにフォーメーションを4-2-3-1に戻したが、元MKドンズの男はここ数週間のリーグ戦では出場機会に恵まれず、タンギ・エンドンベレが先発の座を手中にして高い位置で活躍している。

ここ数週間のヨーロッパ・カンファレンスリーグでは、本来のデレ・アリが得意とする高い位置でチャンスがあったが、彼はそのチャンスをつかめず、入団当初の数年間にこのポジションで活躍したかつての自分の輝きを取り戻すことができなかった。

アーネムでの試合では、試合の流れを掴む選手になるべきだったのに、ほとんど空気のような存在となってしまった。

このままでは、デレ・アリはエドンベレをスタメンから外すことはできないだろうし、彼のパフォーマンスはノースロンドンでの彼の将来についてさらなる疑問を投げかけている。

昨シーズン、モウリーニョのもとで出場機会を得られなかったデレ・アリが、カップ戦で早くチャンスをモノにしなければ、エスピリト・サントのもとでも同じような状況に陥る可能性がある。

デイン・スカーレットには時間が必要

デイン・スカーレットは、今シーズンのヨーロッパ・カンファレンスリーグでトッテナムの一員として3試合に出場しているが、前線では全くと言っていいほど活躍できていない。

クラブからの評価も高く、モウリーニョからも「驚異的」と言われていた彼にとって、ヨーロッパで3番目の大会は、将来のトッテナムのスターになるために必要な経験を積むのに最適な場所だと考えられている。

パソス・デ・フェレイラ戦でもほとんど何もできなかったし、前回のNSムラ戦でも同じような状況だった。

そしてやはり木曜日に行われたフィテッセ戦でも、この17歳のストライカーは前線でイライラした表情を浮かべ、ほとんどゴールを狙えず、スパーズは敵チームの守備陣を苦しめるのに十分な力を発揮できなかった。