/フィテッセ戦によってジョゼ・モウリーニョの決断が再現されるのか、そしてヌーノがまだ正しいと証明できる理由

フィテッセ戦によってジョゼ・モウリーニョの決断が再現されるのか、そしてヌーノがまだ正しいと証明できる理由

普段の試合に出ていない選手が、数週間に一度しか実戦でプレーしないチームメイトと、すぐに頭角を現すのは難しいかもしれないが、スパーズのレギュラーになるためには、アーネムのピッチでもっと多くのことをする必要があった。

それが叶わなかったため、彼らは11月初めに行われるフィテッセとのヨーロッパ・カンファレンスリーグでの試合、または来週水曜日に行われるバーンリーとのカラバオ・カップでの試合まで、待たなければならないのだ。

しかし、ダビンソン・サンチェスはチームの中でチャンスを掴んだように見えた。ジョー・ロドン、ジャフェト・タンガンガ、ベン・デイヴィスといったディフェンス陣がフィテッセの攻撃を相手に健闘したのだ。

このコロンビア人は、今シーズンのスタート・ダッシュに成功した後、センターバックのレギュラーの座に戻ることを望んでいるだろうし、フィテッセ戦での自身のパフォーマンスに満足しているだろうが、クリスティアン・ロメロとエリック・ダイアーのどちらかが先発メンバーから外すためにはまだ十分ではないかもしれない。

デレ・アリの次のステップは?

ジョゼ・モウリーニョのもとで起こったことを考えると、デレ・アリにとって2021-22シーズンは極めて重要なシーズンとなる。

開幕戦のエバートン戦でハーフタイムに交代させられ、その後もほとんど出番がなく、それどころか何度も招集メンバーから外された25歳のアタッカーは、新監督のもとで夏の間に状況を変えなければならないと考えていた。

夏休みの間、元スパーズのカイル・ウォーカー・ピーターズとともにドバイとポルトガルでトレーニングに励んだデレ・アリは、7月初めに使命感に満ちた状態でホットスパー・ウェイに戻り、エスピリト・サントとコーチング・スタッフに感銘を与えた。

練習や親善試合での活躍により、プレミアリーグ開幕時には10番ではなく、中盤の3人の一員として先発出場を果たした。

そのポジションでは彼本来の持ち味を発揮できなかったであろうが、守備での役割にこなし、状況によって前に出ることもした。そこまでして、オリヴァー・スキップやピエール・エミール・ホイヴィアと並んだ位置で活躍し、評価を得るに至ったのである。