/フィテッセ戦によってジョゼ・モウリーニョの決断が再現されるのか、そしてヌーノがまだ正しいと証明できる理由

フィテッセ戦によってジョゼ・モウリーニョの決断が再現されるのか、そしてヌーノがまだ正しいと証明できる理由

リリーホワイツは、ロンドン・スタジアムでの試合にフレッシュな状態で臨むことができる。一方のハマーズは、3-0で勝利したヨーロッパリーグのヘンク戦で、トマーシュ・スーチェク、デクラン・ライス、ジャロッド・ボーウェンといった主力級のメンバーを起用した。

デイビッド・モイーズ監督は現在、ヨーロッパリーグのグループHで勝ち点9を獲得して首位に立っているが、一方のスパーズは、ヨーロッパ・カンファレンスリーグのグループGで6試合中3試合を終えて3位につけている。

トッテナムは2位のフィテッセと2ポイント差、グループ首位のレンヌと3ポイント差となっているが、残り3試合で両チームとはホームで、NSムラとのみアウェイでの対戦を残してるため、ノースロンドンのクラブはまだ勝ち抜けを確信しているだろう。

木曜日のフィテッセでの敗戦は、日曜日のウェストハム戦でスパーズが勝利し、残り3試合に勝利してノックアウト・ステージに進むことができれば、大きな意味を持たないかもしれない。

チャンスに恵まれない選手たち

今シーズンのプレミアリーグでは、トッテナムの多くの選手が出場のチャンスを減らしている。

エスピリト・サントは明らかに最強の先発メンバーを固定するプランを考えており、そのプランを変えられるかは控えに回っている選手たちにかかっている。

だからこそ、デレ・アリ、ジオバニ・ロチェルソ、ブライアン・ヒルなどの選手にとって、ヨーロッパ・カンファレンスリーグで安定した好パフォーマンスを発揮することが非常に重要なのだ。

木曜日の夜、ヘルレドームでは、そのチャンスをモノにできたのはごくごく少数で、残念ながら大半がそのゴールデン・チャンスを逃してしまった。

ステーフェン・ベルフワインとハリー・ウィンクスも、エスピリト・サント監督が注目するようなプレーを何もしなかった。

Giovani Lo Celso on the ball during Tottenham's game against Vitesse