/フィテッセ戦によってジョゼ・モウリーニョの決断が再現されるのか、そしてヌーノがまだ正しいと証明できる理由

フィテッセ戦によってジョゼ・モウリーニョの決断が再現されるのか、そしてヌーノがまだ正しいと証明できる理由

トッテナムがヨーロッパ・カンファレンスリーグのフィテッセ・アーネム戦で1-0の敗北を喫したことを受けての主なトピックを紹介する。

ヌーノの正当性はまだ証明できる

木曜日の夜、ヌーノ・エスピリト・サント率いるトッテナムは、ヨーロッパ・カンファレンスリーグのフィテッセ戦で1-0の敗北を喫し、忘れられない夜となった。

後半15分まで無得点だったためスパーズはヘルレドームで勝ち点1を獲得できると思われていたが、マクシミリアン・ヴィッテクがエリア手前から低い弾道のシュートを放ち、それが両チームの明暗を分けた。

前日のオランダ遠征に出発する際には、ニューカッスル戦で先発したメンバーを帯同させず、日曜日に開催されるプレミアリーグのウェストハム戦に備えることを発表したスパーズのヘッドコーチは、このフィテッセとの試合で先発メンバーを11人総とっかえした。

セント・ジェームズ・パークでの3-2の勝利からメンバーをすべて変更したものの、その中には9人の代表選手を擁するトッテナムだっただけに、アーネムでの結果を出すには十分な戦力がいたはずだった。

Nuno Espirito Santo is speaking to the media following Tottenham's game against Vitesse

マット・ドハティとライアン・セセニョンが負傷したため、ベンチ入りさせることができるシニアの選手は限られており、10人のU-23の選手が人数合わせのために招集された。

エスピリト・サントは、8月にパソス・デ・フェレイラとのプレーオフで敗れたときと同じように、オランダでも僅差の敗北を喫したことから、試合後のファンの間では、そのチーム選考が話題になっていた。

しかし、日曜日にスパーズがウェストハムとの試合で勝ち点3を獲得すれば、この判断は完全に正しいものとなるだろう。