/ジョゼ・モウリーニョが就任から1年間に語ったダニエル・レヴィについての言葉

ジョゼ・モウリーニョが就任から1年間に語ったダニエル・レヴィについての言葉

今週金曜日で、ジョゼ・モウリーニョがトッテナム・ホットスパー・スタジアムで指揮を執り始めてから1年を迎える。

2019-20シーズンの悪夢のようなスタートを切ったマウリシオ・ポチェッティーノがその前夜に職を失ったため、経験豊富なポルトガル人指揮官はダニエル・レヴィ会長によって2023年夏までの契約でヘッドコーチに就任することになった。

過去にもこのポルトガル人を監督に招聘しようとしていたスパーズの会長は、モウリーニョが率いるクラブが継続して主要なタイトルを獲得するのを見つめる日々を過ごし、そしてついにその男を手中にしたのだ。

前任者であるポチェッティーノが移籍マーケットで使える予算が限られていたために、モウリーニョはレヴィとどうやって足並みを揃えていけるのかに多くの人が疑問視していたが、2人の関係はこれまでのところ非常に良好であり、うまくいけば、この関係を継続できるだろう。

就任からのこの1年間でモウリーニョは何度もレビィのことを称賛しており、最近では7人の新戦力の補強を成功させた移籍マーケットでのレヴィの役割について「天才」と称していた。

モウリーニョがダニエル・レヴィ会長について語ったその他の言葉についても、振り返ってみたい。

モウリーニョを納得させたレヴィが掲げるトッテナムのビジョン

−トッテナムの監督に就任して最初の記者会見でのモウリーニョ

ハッピーどうかと言えば、自分の選択が正しかったかに関しては素晴らしいね。10点満点だよ。これ以上の満足はないね。仕事の難しさに関しては、クラブがシーズン半ばで変化を起こすときにはいつだってそうさ。明らかに状況が悪いからそうなるんだ。外部からは計り知れない奇妙なことが起こらない限りはね。成績がこういう決断に繋がるんだ。

2日後の試合や4日後にもまた試合があり、結果が必要であるということを忘れていいなら、そしてここで私の言ったことを忘れていいなら、このクラブのポテンシャルは素晴らしいものだし、それには本当に嬉しく思っている。

このクラブについてミスター・レヴィ(ダニエル・レヴィ会長)が私に示した展望や選手とチームのクオリティーが、私がここにきた理由の一つなんだ。それが私がここに来た主要な理由だ。素晴らしい仕事を手にしたことは分かっている。