/エンドンベレが標的に。過去にジョゼ・モウリーニョが酷評し、関係が悪化した選手たち [チェルシー編]

エンドンベレが標的に。過去にジョゼ・モウリーニョが酷評し、関係が悪化した選手たち [チェルシー編]

アンドレ・シュールレ

「チェルシーは僕にとって夢でした。でも、僕が感染症で数週間の離脱になった後、残念ながら監督はあまり僕を戦力と考えなくなったんだ」

「モウリーニョ監督は、フットボーラーとしての人生がどれほど大変かを教えてくれたよ。1つでも悪い試合をすればチームから外されるんだ。チェルシーでの僕の経験は素晴らしかったし、多くのスーパースターとプレーした。想像していた通りだったよ」

「チェルシーでプレーすることは僕にとってまったくもって夢のようだったけど、感染症になってからは監督はもう僕を起用しなくなったね」


サミュエル・エトー

モウリーニョがベテランだったエトーの年齢を問題視したために摩擦を呼んだのは有名な話だ。当時、このストライカーがスタンフォード・ブリッジ(のスパーズ戦)でゴールを決めた際に、ストライカーはコーナーフラッグを「杖」に見た立てて、老人のフリをするセレブレーションを見せた。

だが、このパフォーマンスは当事者2人に笑顔をもたらした。後にエトーは次のように語っている。

「僕はこの男(モウリーニョ)がフットボール界で最高の人物の一人であることを証明することに疲れ果てたよ」

サミュエル・エトーがゴール後にボールボーイのカラム・ハドソン・オドイと握手

ダビド・ルイス

このディフェンダーは、モウリーニョとの関係が悪化した後、5000万ポンドの移籍金でチェルシーを去り、PSGに移籍した。

ルイスは記者会見で次のように述べている。

「僕がいなくてジョゼ・モウリーニョが寂しい思いをしていると言ったなら、それは彼の自己矛盾だよ」

実に冷え切った関係だ。