/ジョゼ・モウリーニョ:プレミアリーグのクオリティはすぐには取り戻せない

ジョゼ・モウリーニョ:プレミアリーグのクオリティはすぐには取り戻せない

トッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督は、来月に再開されるプレミアリーグが熾烈さを増すにはしばらく時間がかかるかもしれないと語っている。

コロナウイルスのパンデミックの影響で3ヶ月間の中断を挟んでいるプレミアリーグは、6月17日に再開することが暫定的に決まっている。

各チームはトレーニング・プログラムを強化しており、今週はトレーニングのなかで限定的ではあるものの接触プレーを開始することが合意されている。

しかし、リーグ再開まであと3週間となった今、モウリーニョはファンに、すぐにこれまでのプレミアリーグのクオリティを期待してはいけないと警告している。

ハリー・ケイン、ムサ・シソコ、ソン・フンミン、ステーフェン・ベルフワインの4人が来週月曜日の接触プレーを含むトレーニングに合流することを明かすポルトガル人指揮官。

「我々の準備はできていると言っているが、ブンデスリーガを見てみると(再開後の)第1試合と第3試合の間にクオリティとプレー強度の違いを感じることができる」

「第3戦のバイエルン対ドルトムントを観た時には、『おぉ、これこそが本物の試合だ』と感じたよ」

「ここ(プレミアリーグ)でも同じことが起こると思う。チームは通常のプレシーズンと同じようなレベルに徐々に到達していくだろう」

「8月7日や10日の通常のシーズン開幕戦でいきなりトップのフォームに到達するのはどのチームにとっても非常に難しいんだ」

「だから、一歩一歩進んでいって、もちろん準備は整えていきたいし、勝ち点を獲得していくため、人々に楽しみを与え、トッテナム・ファンに喜びを与え、世界中のフットボールを愛するすべての人に良い試合をご覧いただくために、準備をしていきたいし、それを目指して行くよ」