/ジョゼ・モウリーニョ:バーンリー戦の後の記者会見

ジョゼ・モウリーニョ:バーンリー戦の後の記者会見

あのゴールはソンに期待していたものか?

このゴールの前でさえ、私の息子は彼のことを「Sonaldo、Sonaldo Nazario(ソナウド・ナサリオ。元ブラジル代表ストライカーのRonaldoとSonを合わせた造語)」と呼んでいたよ。そして今日、彼はまさにソナウドだったね。なぜなら、あのゴールを観て私の心に浮かんだのは、1996年のコンペステラ・バルセロナの試合でロナウドがミッドフィールドよりも後ろにボールを得て、今回のソニーに非常によく似たゴールを得点したんだ。私がサー・ボビー・ロブソンの隣に座る名誉を得ていた当時のあのゴールだったよ。

心に浮かんだのはそれで、素晴らしいゴールだったが、重要なパフォーマンス、重要な結果、ゴール、ファンと分かち合う幸せ、チームで感じる幸せ、ベンチから途中出場した若い選手たち、デビューした17歳の青年、クリーンシート。本当に幸せだよ。難しい相手だったからね。

常に難しい相手だよ。この結果は、私たちがあまりにも強かったからさ。彼らは難しい相手で、ケビン・フレンドのとても良い審判で、彼のキャリアの最高の時間だった。判定はとても安定していたし、とても自信を持っていた。素晴らしい判定だったし、ケインの4ゴール目での確実なアドバンテージを得た。あれですべてが満点だったと私は思う。選手たちは明日、長い長い長い期間を乗り越えて久しぶりの休暇を取るだろう。明日に休みを取る前に理想的な充実の試合になったね。

スパースの攻撃が印象的だったが、守備のプロセスには満足か?

はい、サンキューです。(笑) 守備のプロセスについて、ありがとうございます。そうです。守備のプロセスだ。ハーフタイムに、私は彼らにクリーンシートがこの組織の目標であるべきだと伝えた。それは守備のプロセスをどうすべきかを指している。みんなでよく守ったよ。例えばルーカスは素晴らしかった。ルーカスはの守備のプロセスが素晴らしかったよ。

チーム全体を見て、私たちは強かった。もちろんまそれでも相手にチャンスは与えていたが、バーンリーがファイナルサードに達してボールをクロスしたときにバーンリーを止めるのは非常に難しい。彼らには素晴らしいクロスボールを上げる選手がいて、ボックスの中に揃う選手も一流だ。それは難しかったが、我々はほとんどの時間、彼らに高い位置からプレスを掛けることができ、本当によかったよ。

これまで中盤の組み合わせをいくつか試したがダイアーとシソコのコンビはどうか?

良かったが、他のミッドフィルダーもみんな良いよ。エンドンベレ、スキップ、ウィンクス、ワニアマとね。問題は中盤の選手のクオリティではなく、やはりそのプロセスにある。我々は、マン・ユナイテッドとの試合を除いてはいつも良い状態だった。マン・ユナイテッドとの試合では、我々は最大限の状態で戦うことができなかった。

しかし、その試合を除けば、我々は5ゴール、4ゴール、3ゴール、3ゴールと大量ゴールを決め、ハイクオリティなフットボールを展開し、常に試合をコントロールしていて、ボールをとても巧みに動かしている。我々には、いくつかの新しい連動性とポジショニングを用いた新しい攻撃プロセスがあるが、その上で我々は試合のあらゆる局面にしっかりと対応する必要がある。今日の我々は良くできていたよ。