/ジョゼ・モウリーニョ:バイエルン・ミュンヘン戦(A)の後の記者会見

ジョゼ・モウリーニョ:バイエルン・ミュンヘン戦(A)の後の記者会見

今夜、選手について良い面、悪い面、何を学んだ?

ネガティブなことは言わないよ。結果論で話すのは不公平だ。結果論ではなく、ただ見定めた情報だけだ。それが私にとってとても重要だよ。今回、何人かの選手は私のもとで初めてプレーした。フォイスのようなに、初めてプレーした選手がいたんだ。シーズン中やプレシーズンに集めるような情報をここで得ることが大切だったんだ。まだ就任したばかりなので情報が必要なんだよ。

我々がオリンピアコス戦でグループ突破を決めていた事実が、この機会与えてくれた。前回の試合(バーンリー戦)で非常に良いプレーし、5-0で勝利したという事実もあった。我々はポジティブだったので、この試合でまさに起こった通りのリスクを取ることができたわけだ。

私は下した決定に満足しているよ。私がしたことをサポーターたちが理解してくれることを願っている。チーム内では、この決定でいつもプレーしている選手にとっても最良の選択であり、またプレーしていない選手や成長する必要のある若い選手にとっても最良の選択肢であるということで全員が一致した。

よって、チーム内でこの決定を下した。チームにとって最善の決定だったと考えている。我々がリスクを負ったのは、対戦した相手が非常に良いチームであり、2連敗中で、今夜、3連敗を喫することが許されない、ホームでの連敗ができないチームと戦ったからだ。

なので、彼らが非常に強烈なチームで迎え撃ってくることは分かっていたし、トッププレーヤーで溢れるベンチだったので、もし彼らが劣勢になればレヴァンドウスキーを起用することもできた。そのために彼をベンチに入れたのだろう。私はケインもアリもベンチに置かないことにした。

チームと私、そしてフリック(バイエルンの監督)にとって、それぞれ異なる瞬間において、チームとその資源を異なる方法で管理している。私はもっと良い結果を望んでいたし、最後の瞬間にソン・フンミンのゴールで3-2で負けた方がよかったと思っているが、そういうものだ。

でも、持ち帰れる情報には満足しているよ。私は将来の決定に影響を与える選手についての多くの情報を得たね。