/ジョゼ・モウリーニョ:オリンピア戦(H)を控えての記者会見

ジョゼ・モウリーニョ:オリンピア戦(H)を控えての記者会見

チャンピオンズリーグでの豊かな実績があるがどうか? トッテナムはどこまでできる?

フットボールに関わる他のみんなと同じくらいこの大会が大好きだよ。誰もが夢見るものだ。ここでの勝利をね。チャンピオンズリーグ優勝の特権は誰にでも得られるものではないし、それを2度も経験した私は十分に幸せ者だよ。3度目の優勝がしたいかって?もちろんだ。是非やりとげたいが、その難しさも知っている。

今はそれについて話すときじゃないね。まずはグループステージ突破だ。

この大会では豊富な経験があるが、私にとって148試合目かな。そして私が率いたチームがグループステージで敗退することがなかった理由のひとつは、正にグループステージに集中しその後どうなるかなど眼中になかったからだ。6試合すべてね。今このチームではあと2試合だ。集中してかからなければいけない。

明日はそのいい機会だよ。そして簡単な試合ではないと理解する必要がある。素晴らしい対戦相手だ。素晴らしいコーチ。私も彼をよく知っている。アテネでは引き分けだった。それは即ち二つのチームの間に大きな差はないということだ。我々にとって難しい試合だが、願わくは勝ち抜けするための結果を得られると良いね。

「ファイナルの失意を引きずっている」とマウリシオは言ったが、そういう雰囲気は感じられたか?

マウリシオがそう言ったのなら、本人がここで感じた経験に基づいているのだろう。彼自身も少しばかりはそういう気分だったのかも知れない。月に降り立とうとしてあと一歩のところで叶わなかったときのね。

悔しさはとてつもなく大きなものだったに違いないが、同時にリバプールのようなチームを見てみれば、彼らもまた決勝で勝ちを逃した悔しさがあって翌年に2年連続で決勝進出を果たし、ついに優勝を成し遂げたんだ。メンタリティや、そうした大きな失望にどう対処するかの問題だと思うね。ヨーロッパでの大会の決勝で負けるのは大きな落胆に違いないだろうからね。

トッテナム・ホットスパー・スタジアムでの最初のホームゲームに興奮してる? 特にホワイトハート・レーンでの最終戦の相手監督だったが。

あなたはあの敗戦を私に思い出させようとしているのかね?(笑)あそこでは多くの試合を戦った。当然だが敵としてね。3つの異なるクラブであそこを訪れたよ。チャンピオンズリーグでもやったな。時に勝ち、時に負け、時に引き分けた。いつも大好きな時間だったね。いつでもその雰囲気を楽しみ、戦っている相手のファンのサポートを羨ましいと思えるスタジアムだった。ホワイトハート・レーンがそうだったね。何度もあそこで戦い、あの力強い情熱的なサポートを羨ましいと思ったよ。どんなものになるか想像できる。いちフットボール・ファンとして新スタジアムに観戦に行ったからね。スパーズ対ニューカッスルだった。試合は我々にとっていいものではなかった。結果は悪かったが、ファンとチームの間の絆を感じたよ。そして新しいホームに対する誇りもね。人はみな古き良き我が家を懐かしむものだが、よりよい変化を望むなら、あまり多くのことを変えてはいけない。それでこそ新居をしっかりと受け入れられるというものだ。ファンが感じているのはそういうことだと思うよ。

彼らはチームを愛している。クラブを、そしてスタジアムをね。そして明日はそのサポーターとチームの間の共感の再スタートになると信じている。結果が悪ければその共感は多少は落ち込んでしまうものだが、明日はその共感が戻ってくるスタートとなることを期待しよう。選手たちも皆が充実した気持ちでホームで気持ちよくプレーし、サポーターたちはチームと一緒にプレーし力づけてくれるものだと感じられるようにね。明日が良いスタートになって欲しい。中3日で2試合をホームで戦うんだ。そこで良い勝利を得て良いプレーをし、ゴールを決めて、チームへの献身、幸福感、勝利への欲求などを披露できれば、そうしたチームとファンの良い関係へ戻っていくための良い機会になると思うよ。

フットボールに関わる他のみんなと同じくらいこの大会が大好きだよ。誰もが夢見るものだ。ここでの勝利をね。チャンピオンズリーグ優勝の特権は誰にでも得られるものではないし、それを2度も経験した私は十分に幸せ者だよ。3度目の優勝がしたいかって?もちろんだ。是非やりとげたいが、その難しさも知っている。

今はそれについて話すときじゃないね。まずはグループステージ突破だ。

この大会では豊富な経験があるが、私にとって148試合目かな。そして私が率いたチームがグループステージで敗退することがなかった理由のひとつは、正にグループステージに集中しその後どうなるかなど眼中になかったからだ。6試合すべてね。今このチームではあと2試合だ。集中してかからなければいけない。

明日はそのいい機会だよ。そして簡単な試合ではないと理解する必要がある。素晴らしい対戦相手だ。素晴らしいコーチ。私も彼をよく知っている。アテネでは引き分けだった。それは即ち二つのチームの間に大きな差はないということだ。我々にとって難しい試合だが、願わくは勝ち抜けするための結果を得られると良いね。

「ファイナルの失意を引きずっている」とマウリシオは言ったが、そういう雰囲気は感じられたか?

マウリシオがそう言ったのなら、本人がここで感じた経験に基づいているのだろう。彼自身も少しばかりはそういう気分だったのかも知れない。月に降り立とうとしてあと一歩のところで叶わなかったときのね。

悔しさはとてつもなく大きなものだったに違いないが、同時にリバプールのようなチームを見てみれば、彼らもまた決勝で勝ちを逃した悔しさがあって翌年に2年連続で決勝進出を果たし、ついに優勝を成し遂げたんだ。メンタリティや、そうした大きな失望にどう対処するかの問題だと思うね。ヨーロッパでの大会の決勝で負けるのは大きな落胆に違いないだろうからね。

トッテナム・ホットスパー・スタジアムでの最初のホームゲームに興奮してる? 特にホワイトハート・レーンでの最終戦の相手監督だったが。

あなたはあの敗戦を私に思い出させようとしているのかね?(笑)あそこでは多くの試合を戦った。当然だが敵としてね。3つの異なるクラブであそこを訪れたよ。チャンピオンズリーグでもやったな。時に勝ち、時に負け、時に引き分けた。いつも大好きな時間だったね。いつでもその雰囲気を楽しみ、戦っている相手のファンのサポートを羨ましいと思えるスタジアムだった。ホワイトハート・レーンがそうだったね。何度もあそこで戦い、あの力強い情熱的なサポートを羨ましいと思ったよ。どんなものになるか想像できる。いちフットボール・ファンとして新スタジアムに観戦に行ったからね。スパーズ対ニューカッスルだった。試合は我々にとっていいものではなかった。結果は悪かったが、ファンとチームの間の絆を感じたよ。そして新しいホームに対する誇りもね。人はみな古き良き我が家を懐かしむものだが、よりよい変化を望むなら、あまり多くのことを変えてはいけない。それでこそ新居をしっかりと受け入れられるというものだ。ファンが感じているのはそういうことだと思うよ。

彼らはチームを愛している。クラブを、そしてスタジアムをね。そして明日はそのサポーターとチームの間の共感の再スタートになると信じている。結果が悪ければその共感は多少は落ち込んでしまうものだが、明日はその共感が戻ってくるスタートとなることを期待しよう。選手たちも皆が充実した気持ちでホームで気持ちよくプレーし、サポーターたちはチームと一緒にプレーし力づけてくれるものだと感じられるようにね。明日が良いスタートになって欲しい。中3日で2試合をホームで戦うんだ。そこで良い勝利を得て良いプレーをし、ゴールを決めて、チームへの献身、幸福感、勝利への欲求などを披露できれば、そうしたチームとファンの良い関係へ戻っていくための良い機会になると思うよ。

Tottenham Hotspur