/ジョゼ・モウリーニョ:ボーンマス戦を控えての記者会見

ジョゼ・モウリーニョ:ボーンマス戦を控えての記者会見

ベン・デイビスの怪我はどれほどの痛手か?

そうだね、痛手になっている。彼は私の最初の試合に先発し、私は信頼を感じていたからね。最初の試合で先発するのは、どんな選手でも当然、嬉しいものだよ。彼は良いプレーをしていた。我々のプレーのかたちに合っていたしね。選択肢の一つとして彼がいれば良かったんだが。それが叶わないのは我々にとって大いに悲しいニュースだし、彼にとってもそうだ。

だが、彼は戻って来るし我々も彼無しでなんとかやっていく。同ポジションでプレーできる他の選手たちを信頼しているよ。ダニーがこの前の試合でやったようにね。それにそこでプレーできる選手はまだ他にもいる。

それに加えて、試合は観れなかったが(UEFAユースリーグの)ユースの試合のビデオを観たんだ。そこでも良い選手(デニス・サーキン)を見つけたよ。

確かに彼は17歳だが、大いなるクウォリティを備えた若手なんだ。我々のトレーニングに加えるのを楽しみにしているよ。そして彼の成長の手助けをすることをね。

1月に新たな左サイドバックを獲得するか?

いいや、戦力は十分だ。選択肢が十分にあるよ。ダニー・ローズは本来のレフトバックだし、ヤン・フェルトンゲンもできる。クラブでも代表チームでも既にやっているしね。よっぽど緊急になったら、セルジュ・オーリエでさえプレーしてくれるんじゃないかと考えているんだ。右サイドバックにもオプションはあるからね。だから今のチームで一人や二人の負傷者が出ても乗り切れるよ。大丈夫さ。

この10日間はあなたにとって良いスタートだったか?

とても良いね。もちろん結果は重要だし、勝利でスタートを切るのはいつでも良いものさ。この二つの勝利は必要だった。リーグではポイントが必要だったし、チャンピオンズリーグでは順位を確保しなければいけなかったからね。とても重要だったが、結果は別にしても私の感覚ではとてもとても大切なものだった。そして日を追うごとに良い気分になっているよ。新たに加入して良いインパクトを得たが、実は思ったほど素晴らしいものではなかった、って感じじゃないか。うん。この環境が本当に本当に良いものなんだ。クラブが与えてくれている環境には、とても満足だよ。

すこし声がかれているようだが?

1〜2ヶ月の休暇を取って、全く大声をあげない日々を過ごしたあとのプレシーズンではいつもこうだよ。これはプレシーズンに付きものさ。私は長い休暇を取ったんだ。普通の1ヶ月の休暇じゃなくて、11ヶ月だからね。だから今はちょっと苦しんでいるけど、十分大声を出す訓練をしたし、来週には元気になっているよ。

Tottenham Hotspur