/ジョゼ・モウリーニョ:オリンピアコス戦(H)の後の記者会見

ジョゼ・モウリーニョ:オリンピアコス戦(H)の後の記者会見

今夜、選手たちから何を学んだか?

私が学ぶことはなかったと思うよ。いくつかの段階を経ていくつかの結論を出すことができたよ。最初はとても疲れていたがね。代表ウィークから戻ってきて土曜日に試合があって、それで火曜日だ。代表チームで戦った後は、日曜日と水曜日が良いと私はいつも願っているよ。

土曜と火曜の連戦となるとハードなんだ。疲れていた選手もいただろう。私が思うに、ホームで立ち上がりの失点を決められたという事実は、「大丈夫だ、1-0でも問題ない。このままいこう」とはいかないんだよ。選手たちにはそういった気持ちがあったように思えたがね。

選手に過度にプレッシャーをかけないようにしてくれたファンはファンダメンタルだったね。本当に選手たちをサポートしようとしていたよ。そこから選手が後半に反撃に転じてくれた。しっかりと後半への準備を整え、全力を出して逆転を成し遂げた。バイエルンが勝っていたので、引き分けで十分に突破できると知っていたんだよ。だから引き分けでも突破できるから十分だったんだが、引き分けを受け入れず、さらに畳み掛けて勝利を狙っていった。突破のためじゃなく、自尊心を満たし、自信をつけるためにね。見事にやってのけたよ。

次の試合はホームだ。選手たちは亡霊を寄せ付けることなく試合に入るだろう。選手たちはとても優れているので、すぐに自信を取り戻すさ。今日の前半より良いプレーをしないとね。

新しいスタジアムでの監督としての初戦の感想は?

繰り返しになるが、私のことはどうでもいいんだ。チームが最優先だよ。私はその手助けをしたいだけ。ファンも後押ししてくれるし、ボールボーイも後押ししてくれる。スパーズを愛する誰もが後押ししてくれている。選手たちこそ一番大切なんだ。

もちろん私の気持ちは最高だったよ。私が戦わなければならない試合の1つだったからね。試合前にはしっかりとチームの準備をして試合に挑むことになる。体力をつけて、トレーニングをして、準備をしてから試合が始まる。試合の展開はあまり重要ではないんだ。

他の試合だって私は戦わなければならない。エリックとの関係が気まずくなったのを除けば、すべては私にとって素晴らしかったし、チャンピオンズリーグでの私の80回目の勝利だったと思うね。これから81回目の勝利を願おうじゃないか。

Tottenham Hotspur