/ジョゼ・モウリーニョ:オリンピアコス戦(H)の後の記者会見

ジョゼ・モウリーニョ:オリンピアコス戦(H)の後の記者会見

ホームのデビュー戦で壮絶な打ち合いになったが?

私にとって一番難しかったのは、オリンピアコスが1点目を決めたことでも2点目を決めたことでもなかった。一番難しかったのは前半で戦い方を変えたことだった。選手を傷つけることになったが、私も傷ついたよ。選手にとっても私にとっても簡単なことではない。

重要なのは、選手が理解してくれたことだ。私の決断は、チームのためにやったことなので、チームのことをよく理解している非常に知的な選手だったことは幸運だった。彼のパフォーマンスの問題ではない。チームが必要だったからだ。我々は2-0で負けていて、その時とても難しい状況で、私はセントラル・ミッドフィールダーは1人で十分すぎると感じた。

私はもう1人のクリエイティブな選手が必要だと思ったんだ。アリとトライアングルを形成できる選手だ。私はトライアングルと呼んでいるのだが、必要だったのは開いたトライアングルだ。ダイアーとハリー・ウィンクスのような閉じたトライアングルではなくね。だから、私はチームのためにそれを生み出さねばならず、チームのためにその変更をした。彼を傷つけるつもりはなかったが、それでも私はエリックに謝らなければならなかったよ。

ファンも理解していたと思う。私は、チームのためにしたんだ。結局、チームが最も重要なんだよ。その時、クリスチャンは私たちに必要なものをもたらしてくれた。

ハーフタイムに選手たちに何を伝えた?

数ヶ月待ってAmazonのドキュメンタリーに加入して視聴すればわかると思うよ。私の優しい一面が出たと思うから、私にとっても少しサプライズだったよ。

選手たちの自尊心と自信を感じ取ったよ。おそらく心の中にバイエルンの試合のことがあって、ホームでありながらベストではない結果を考えてしまったんだ。その時の選手たちには 「クリティカル・ワン(批判的なゲキ)」 ではなく、愛が必要だったと思ったね。もっと感情のバランスを取る必要があると感じたんだ。

その後、戦術的な細部をつめて、戦術的なポジション調整を話したが、それよりも彼らの自信や困難な状況に向かって進むことについて話し合ったよ。

3つ目のゴールでボールボーイが大きな貢献をしたが、ボールボーイと何かを話していたのか?

2つ目のゴールだ。

すみません、2つ目のゴールですね。ボールを早く戻すように彼らと話していたのか?

あの返球はとても優れたボールボーイでなければ不可能だよ。私は10歳から15〜16歳の時に、とても優秀なボールボーイだったんだ。彼はとても優秀なボールボーイで、試合の流れを理解し、展開を読んでいた。彼はスタンドを眺めてたわけじゃないし、照明やスカーフを見ていたんじゃないんだ。彼は試合を読み、試合をとても上手にプレーしていたんだよ。だからこそ、彼にも選手たちと一緒にドレッシングルームでお祝いに参加してもらいたかったんだが、どっかに行っちゃったんだ。どこに行ったんだろうね。とにかくとても優秀なボールボーイだよ。とても優秀だね。

Serge Aurier celebrates after scoring for Tottenham against Olympiacos.
Tottenham Hotspur